12月のマナカードは実りを手にいれる時


アロハ!メハナの誉田です。

12月になりましたね。年末に向かい、お忙しい時期を迎えている方も多いと思います。

 

私も、先月後半は、普段のサロン・スクールのお仕事に加えて、草世木流おもてなしセミナーでのスピーチ、モデル体型ダイエット塾インストラクー試験(無事に合格しました!)があり、バタバタしておりました。

そんな中、日帰り温泉やご褒美ランチに行ったり、プライベートも楽しんでいましたよ^^

 

さて、今月もマナカードから、月のテーマをいただきました。今月も、前月の振り返りをしつつ、感じたことをつづりたいと思います。

 

 

先月のマカナードは「プエオ」導き

 

11月のカードは「PUEO(プエオ)」、テーマは「導き」でした。マナカードの表紙にも描かれているカードですね。

私は、このカードを見て、思う存分飛び立っていいのですよ、と教えてくれたと受け取りました。望む方向へ導いてくれる前向きなものを感じたのです。

先月は、まさに、その望む方向がハッキリした月となりました。

少し前から考えていたことの意味がようやく明確になり、前に進む決心をしたのです。詳しく決まったらまたお伝えしますが、年明け早々にも動き出そうと思います。

 

 

今月のマナカードは「ロノ/カマプアア」収穫/豊穣

 

そして、今月私がいただいたマナカードは「LONO/KAMAPUAA (ロノ/カマプアア)」、カードテーマは「収穫/豊穣」です。

マカナードでは、上下カードが5枚あるのですが、その内の1枚。私がひいたのは「ロノ」が上でした。

ロノはハワイの四大神のひとり、このカードが出たら、これまでの努力が実り、成果を手にする時といわれています。

 

きましたよ~!!

 

意味を考えるまでもなく、見た瞬間に輝く虹とたくさんの作物が描かれたカードを見て、明るいエネルギーを感じました。

今気持ちを方向けているもの、行動していることに、より一層エネルギーを注いで、タイミングを見逃すことなく有難く受け取りたいと思います。

マナカードには、良い悪いというのはありません。その時必要なメッセージを伝えてくれるものですが、やはりこういうカードが出るとうれしいですね。

 

 

全てに意味がありつながっています

 

ここ数ヶ月、自分を見つめなおすや、転換期などのメッセージがたびたび送られてきていました。

今回このカードをひいたのは、突然きたメッセージではなく、いただいたメッセージのように、自分の気持ちを見つめたり、方向を考えたりしながら行動してきたからだと思います。

そして、先月気持ちが明確になったことで、いよいよ受け取る時が来たのでしょう。

すべてに意味があり、すべてがつながっているのですね。

 

 

必要なタイミングで、必要なものを受け取りましょう

 

最近本当に実感するのは、今起きている出来事、自分が選んでいる行動は、無意識だったとしても、必要だからあるのだなということです。

それもあまりにも無意識だとスルっと通り過ぎてしまい、意味があったことすら気づかずに過ごしてしまいがちです。

 

日常起きる出来事一つ一つに意識を向け、うれしいことは感謝し、困難ことは有難く乗り越え、多くのギフトを受け取りたいものですね。

そうすれば、必要なタイミングで必要なものを受け取ることができ、それから先の人生をより豊かなものにしてくれるのです。

私も、さらにアンテナを研ぎ澄まし、日々の生活を楽しんで送りたいと思います^^

 

この「マナカード」は、サロンでいつでもご体験いただけます。

マナカードは、一つ一つにハワイ語の名前と意味があり、今、必要なメッセージを伝えてくれるものですご興味ある方は、お気軽にお声かけくださいね^^

 

⇒ロミロミ・ホットストーンなどサロンメニューはこちら

 


haibig東京南千住ロミロミサロン&スクール「メハナ」

営業時間10時~21時30分(土~20時) 日・祝休み

 

◆24時間ご予約フォームはこちら

 

■メニュー・料金

■お客様の声

■コンセプト・場所

■南千住駅からの道順