自由とつながりがテーマの時期


アロハ!メハナの誉田です。

今日は旧正月でいうところの元旦、新歴では1月1日が新年ですが、今も旧暦でお祝いする地域もあるようですね。
また、水瓶座の新月でもあります。
 
水瓶座のシーズンは、自由や独自性、人とのつながりや関係性がテーマだそうですよ。
自由とつながり・・・一見反するようなテーマですが、どちらか一方でもバランスが崩れそうですし、やはり両方大切なのですね。
 
 

ロミロミサロンでのつながり

 
私はといえば、ここ数日、偶然にもこのテーマに関することを考えたり、つながりを実感する出来事が重なりました。
 
今週は2年、3年ぶりにお越しのお客様が続けていらっしゃったのです。
サロンでお送りしているニュースレターを楽しみに読んでくださっていたとのこと。
 
お客様から直接そのようなご感想をいただくのは、本当にうれしいです!
 
私は、お客様のお顔を思いだしながら書いているため、しばらくお会いできなかったとしても、つながっているからこそ、こうしてまたお会いできるのだなと感じました。
 
サロンにお越しくださるということは、何かしらピンとくるものがあり、興味を持ち、効果を感じ、共感してくださるということですよね。
 
そのようなまさに深いつながり、価値感を共有する関係性を、これまで以上に大切にしていきたいとあらためて思いましたよ。
 
 

これからのロミロミサロンとスクールのあり方

 
実は、秋から勉強会に参加し、これからのサロンやスクールのあり方、そして自分自身の生き方について、より深く考えています。
 
ありがたいことに、サロンを7年続けさせていただき、スクールでもロミロミを仕事にして、活躍する生徒様も増えてきました。
 
これからさらに私に何ができるだろうか、何をお伝えすればお役に立てるのだろうか・・・。
 
自分では当たり前だと思っていても、「その方法を教えて欲しい」という声があったりもするので、自分では気づかない独自の何かがあるんだろうなと。
 
それを、今学びながら形にして表現するために、いろいろと進めているところです。
 
このお仕事を始めてから、自由な働き方ができ、好きなことをして毎日を楽しく過ごしてきました。
それもロミロミに出会い、ハワイの教えに出会えたから。
 
もう何もあなたを縛るものはない・・・今度は、そんな心も人生も自由に自分らしく豊かに送りたい女性のサポートをより一層していきたいなと思います。
 
 

五感を研ぎ澄ますことも大事

 
で、そんなことをずっと考えていたら、考え過ぎてモヤモヤしてしまったんです^^;
 
そこで今週ポンと空いた日ができたので、少し遠出をして神社巡りをしてきました。
やはり頭で考え過ぎてもダメ、五感を研ぎ澄まそうと思ったのです。
 
特に新月や何かを意識したわけではなく、直感的にそういう行動をしていたのです。
 
あとから知ったのですが、ここ数日はそういうモヤモヤや蓋をしていた感情に向き合うのが大切な時期だったそうです。
ですから結果的に、必要な時期に必要なことをしていたのですね。
 
 
0128
 
 

みんな自然と選び心の思う通りになっている

 
私は、あとから気づくと、波のサイクルにのって、適切なタイミングで考えたり行動していることが多いです。
それも、感じることが大切なこのお仕事をしてるからなお、自然としているのかなと思います。
 
そして、きっと気付いていない方も多いかと思いますが、私から見ると、お客様もスクール生徒様も、必要な時にベストのタイミングでメハナにお越しくださっています。
 
身体の不調を感じる、モヤモヤしている・・・ふとサロンの予約を見たら、行ける日時が空いている!
そんなご経験ありませんか?それもかなりのベストタイミングで。
 
なぜかハワイに興味を持ち始めた、ロミロミを偶然知った・・・スクールにお越しくださる生徒様もそんなきっかけが多いのです。
 
ですから、普段何気なくしたことでも、全ての出来事は必然、みんな自然と選び心の思う通りになっているのですね。
 
 
まとまりがなくつらつらと綴ってしまいましたが、最近ご案内や近況をお知らせする記事が続きましたので、新年の週末に思ったことを書いてみました。
 
今日をきかっけに、1月1日から思いのまま進んでいる方も、そうでない方も、また新たなスタートとしてこの一年のことをおもってみてはいかかでしょうか?
 
水瓶座の新月は、未来や目標も願いごとが叶いやすいそうですよ^^
 
 
 
 
初心者からロミロミセラピストになる、サロン開業したい方のロミロミスクール
 
 

 

haibig東京南千住ロミロミサロン&スクール「メハナ」

営業時間10時~21時30分(土~20時) 日・祝休み

 

◆24時間ご予約フォームはこちら

 

■メニュー・料金

■お客様の声

■コンセプト・場所

■南千住駅からの道順